スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

風呂の排水管の詰まりが直った!

家のお風呂場の水の流れが悪くなったので、東京水漏れサポートセンターという業者に相談しました。

その結果、排水管の所に異物が挟まっていて、それが水の流れを悪くしていることがわかりました。
すぐにその場で、つまりを解消してくれました。

思ったよりも安い費用で修理工事できたので、良かった。よかった。

一般の業者であれば倍の金額がかかるだろうとおっしゃっていました。

感謝感激。

東京水漏れサポートセンターさん、また何かありましたら宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

タグ: つまり,排水管,風呂

スポーツ

ナショナルカラー

日本のサッカー代表のチームカラーはなぜ青?
国旗が赤なのに・・
赤の方が力強さがあるような気がしますよね。
ある心理学の実験では前から突進してくる人が身に着けている色で一番恐怖を感じる色は赤という結果が出たそうです。

スペイン、ポルトガル、スイスはじめイングランド、アメリカ
アジアでは韓国、北朝鮮、中国、など
サッカーがそれほど強くない東南アジアの国々も含めアジアは特に赤が多いです。
他の近隣アジア諸国と差別化をはかってるならいいけど、特に中国や韓国に遠慮してるならちょっとな~

ちなみに青は冷静さと自信を併せ持ち弱くはない色。
平和的な色で誠実さもあり世界中の企業のwebサイトで一番多く使われてる色。

とかくいう私も一番好きな色は青です。
ですので箱根駅伝は青がチームカラーの順天堂大学、神奈川大学、山梨学院大学を応援してしまいます。
山梨学院は入りたいと思い受験までしたほどです。

母校は奇しくも赤ですけどね。
だから赤も嫌いな色ではないです。

結局のところ、ま~どっちでもいいかな、といったところです。

TV,メディア

ゲッタウェイ

私の好きな映画の話。
ここんとこむかーしの映画をちょこちょこ見ていて昔の映画は役者の演技がダイレクトに伝わってきて、ほんとかっこいいーなーと思っているんですが、そんな昔の映画の中かから「ゲッタウェイ」という映画についてのお話をします。

この映画は「スティーブマックィーン」主演で70年ころに制作されたもので、もちろんまだ私は生まれてなかったんですけど、ほんとこの映画マックィーンがかっこいいんですね。
バッドエンディングムービーというか、本来の意味は少し違うのかもしれませんが、この映画ではマックィーンは悪者なんですね。たいがい悪者が主役の映画というのは、死ぬか捕まるかがエンディングなんですけど、なんと生き延びてしまうんですね。そして恋人との明るい未来が待っているみたいな最後でマックィーンだからこそ、許されるような特殊なエンディングでした。

まー実際、その映画の中の恋人役と翌年結婚してるしね。

内容はですね刑務所に入ってるマックィーンが、街の有力者の銀行強盗をする代わりに出所させてやるという条件付きで出所することになり、更生して人生やり直したいと思っていたマックィーンが、最後の大仕事(銀行強盗)を行うというもの。
しかし、計画通りにはいかず、死人も出てしまったためマックィーンと恋人はその奪ったお金を持ったまま逃走する羽目に。
警察、仲間(銀行強盗するためだけに手を組んだ仲間)、有力者のギャング軍団から追われる羽目になったマックィーンと彼女の長い長い逃走劇が始まります。

撃ちあいも迫力十分で、またこの逃走劇でいろいろなことが起こり飽きさせない。
ごみの中で一晩過ごしたり、実は恋人がマックィーンを出所させるために街の有力者に身体を売っていたことが発覚した時の二人のシーンは見もの。ほんきで彼女をしばいてます。しかし彼女も言います。「あなたを出所させるためだったら、テキサス中の男と寝るわよ!」
ほんと名シーンです。

最後はホテルの中で銃撃戦。もう何度も絶体絶命になりながらも忍び寄ってくる敵をはじから撃ち殺していくさまが、まさに手に汗にぎり、とはいってもやはり最後は死んじゃうんだろうなーという予測を見事裏切ってくれて、良かった。生き延びた。さすがマックィーンだ!
というふうに思わせてくれる。そんな映画でした。

歴史

千住

江戸時代、
千住には処刑場が
あった。

当時江戸には
品川と千住の2か所に
処刑場があり
罪人はどちらかに
送られたという。

なんで千住かというと
日本橋を出発すると
日光街道、奥州街道の
第一の宿場町ということで、
多くの人が集まっていたため、
見せしめとかさらし者という意味で
絶好のポイントだったとのこと。

品川も東海道があったからおそらく
同じ理由でしょう。

この千住の処刑場では
火あぶりや磔など多くの拷問が
行われ、斬首も行われて
いたという。

斬首は両手、両足を縛られ
壇上に盛った
土の上に寝かせられ、
まさに
まな板の上の鯉状態で
罪人は首を切られた
と言います。

この盛り土のことは
土檀
といって
絶体絶命のどうしようもない場面を
土壇場
と現代でも
言うようになっています。

江戸も中期になると
杉田玄白や前野良沢
といった蘭学者が現れ、
この処刑場で処刑された罪人の体を使って
解剖を行い
人体の構造につき
研究が行われました。

2人は解剖を進めながら
オランダの
学術新書「ターヘルアーナトミア」
の正確性に驚嘆しつつ
翻訳作業を
進めていったそうです。

3年後、
「解体新書」は完成し、
現代医学の発展に
大きく貢献することになりました。

それには
千住に送り込まれた
多くの罪人たちの
体が使用されていたんですね。

明治になると
この処刑場は廃止されましたが、
千住という街は
累計20万とも言われる人たちの
処刑が行われていた
街だったということなんですね。

日記

モデルルーム

モデルルームを探しに来たわけではない。

何もない部屋に一緒に家具やカーテンをつけていくように
お互いのこれからを大事にしていこう。

ソファーがダサイとか照明が暗いとか収納がないとか、今現在のことってどうでもいいよね。ましてや過去のことなんて。
そんなこと言ってたらいつまでたっても決まんないよ。

顔がどう、趣味がどう、収入がどうって・・

人はどうして減点方式で見てしまうんだろうね。
それじゃ悪いところが気になるだけだよ。

ゼロからスタートするなら加点方式で見ないとうまくいきっこないよね。

完璧なモデルルームなんかきっとめぐり合うことなんてないんだから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。